So-net無料ブログ作成
検索選択

音楽教室での演奏から著作権料を徴収へ 著作権法どう解釈 「なぜ問題になるのか理解に苦しむ」「著作権の公益性が問われている」 産経 [ネムネコの呟き]





nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

Tastenkasten

開いた口がふさがらない。
この玉井っていうのはどうしようもないクズだと思います。
このやり方がこのまま進んだら取り返しのつかないことになりますよ。
JASRACの敗訴を願いますね。

http://netgeek.biz/archives/92662

この程度の人・・・
問題発言はJASRACの件以外にもたくさんあるようで、
キ印としか思えないんですが・・・
by Tastenkasten (2017-03-12 18:50) 

nemurineko

こんばんは。

JASRAC側の論理を代弁しているのでしょうね。

著作権法
第一条  この法律は、著作物並びに実演、レコード、放送及び有線放送に関し著作者の権利及びこれに隣接する権利を定め、これらの文化的所産の公正な利用に留意しつつ、著作者等の権利の保護を図り、もつて文化の発展に寄与することを目的とする。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S45/S45HO048.html

「もつて文化発展に寄与することを目的とする」の部分が欠落していると思うんですよね。

私も、日本の音楽的文化の発展のために、是非とも、JASRACは敗訴して欲しいと願っております。



by nemurineko (2017-03-12 19:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0