So-net無料ブログ作成
検索選択

【トランプ政権】テロ対策、CIAに無人機攻撃の権限付与 産経 [ネムネコの呟き]





nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

かざみどり

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

右翼と街宣活動
警察庁は、昭和35年(1960年)の安保闘争による共産主義革命への危機感を背景に行動右翼団体が誕生したとしている[2](任侠系の所謂「反共抜刀隊」である)。同庁は、平成11年(1999年)の調査で、街宣活動を行っている右翼は約900団体約1万人とみなしている。『知恵蔵』平成2年(1990年)版には約50団体2万2000人とあるという。ただし、右翼の看板を掲げているだけで実際に活動をしていない暴力団の存在や所在不明な右翼団体、1人で複数の団体を名乗ったり逆に1人で複数の団体に加盟したりで、公安当局が右翼の正確な数字を把握していないとの指摘がある[3]。さらに当局は一度右翼として記録したら、右翼活動をやめても資料から抹消されないことも指摘されている[4]。
街宣車で街宣活動を始めた右翼の元祖は、戦前には国会議員も務めた大日本愛国党総裁の赤尾敏とされている[5]。
民族派右翼団体「一水会」の代表を務めた鈴木邦男は、右翼なら必ず街宣車を持ち、街宣活動を行なうとしている[要出典]。右翼団体数の900団体はほぼ街宣車の数と一致する[6]。なお、旧来の古典的な反共保守の維新政党・新風や、財界系の日本会議なども街宣活動を行なっている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/街宣右翼


~~~~~~~~~~~~~~~~~

赤尾 敏(あかお びん、1899年(明治32年)1月15日 - 1990年(平成2年)2月6日)は、日本の保守政治家、右翼活動家、衆議院議員、大日本愛国党初代総裁。
当初は社会主義者であったが、社会主義者として活動した後、1926年(昭和元年)に「天皇制社会主義」を理想として民族主義者に転向。1942年(昭和17年)には衆議院議員に当選した。1945年(昭和20年)の敗戦後、政治活動と講演活動を行い、1951年(昭和26年)大日本愛国党を創党した。特に銀座数寄屋橋などでの辻説法による過激な街頭演説で有名であった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/赤尾敏


~~~~~~~~~~~~~~~~


話題が話題だけに投稿をためらうが
一応、今日読んだ箇所ということでメモ。

by かざみどり (2017-03-14 15:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: