So-net無料ブログ作成
検索選択

今日のクラシック、シャルパンティエの『レクイエム』とハインリヒ・ビーバーの『レクイエム』 [今日のクラシック]

今日のクラシックは、マルカントワーヌ・シャルパンティエ(1643〜1704年)の『4声のレクイエム』とハインリヒ・ビーバー(1644〜1704年)の『レクイエム』です。

シャルパンティエとビーバーは、同年代のバロックの作曲家。シャルパンティエはフランス、ビーバーはオーストリアの作曲家。
同時代のバロック期の作曲家であるけれど、フランス・バロックとオーストリア・バロックの違いが現れていて、この二人の作曲のレクイエムを対比して聞くのは、それなりに意義のあることなのではないか。

シャルパンティエ作曲『4声のレクイエム』



ビーバー作曲『レクイエム』



シャルパンティエは、レクイエムなどの宗教音楽以外にも世俗的な曲も多く作曲している作曲家のようで、非常に美しい曲。美しくて耳触りがよく聞きやすい曲のようだけれど、劇的な音楽的展開がなく全体的に大人しめであっさりした曲なので、聞き終わったとき、「美しい、綺麗な曲だったな〜 ♪」くらいの印象しか、私には残らなかった。
美しい旋律と響きにあふれているので、聞いている時には曲に引き込まれるのだけれど、聞き終わったときに、意外に何も残っておらず、音楽的な充実感を得ることができなかった。
曲が終わったとき、「なんだ、もう終わったのか」と思ってしまった(^^ゞ

対して、ビーバーの『レクイエム』は、美しいだけではなく響きが重層的で分厚く、シャルパンティエのそれと比較すると劇的な展開が見られ、曲を聞き終わったとき、強い音楽的充実感と満足が得られた。

もっとも、ネムネコは、ドイツ・オーストリア音楽を好んで聞き、ドイツ・オーストリア音楽に洗脳されているので、このように感じるだけかもしれない。フランスのクラシックの作曲家の曲を好んで聞く人は、私とは違った印象を持つのかもしれないし、音楽的志向性の違いだけなのかもしれない。
この可能性は否定できないように思う。

ではあるが、フランス・バロックとオーストリア・バロックの違いを知るのに、この2人のレクイエムを対比して聞くことは、それなりに意義のあることではないだろうか。


タグ:クラシック
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0