So-net無料ブログ作成
検索選択

男子生徒が高校で銃撃、大量の武器を所持 フランス CNN [ネムネコの呟き]





nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

かざみどり

~~~~~~~~~~~~~~~~~

銃身[編集]

ライフリングの構造。


詳細は「ライフリング」を参照
現在の小銃はほとんどがライフリング(施条、腔線)を有し、ここから転じたライフルという語は小銃とほぼ同義となっている。また、ライフリングという語自体は古フランス語のRiflerに由来し、元々は「削る」などの意味を持っていた。施条銃身から撃ち出される弾丸は、ライフリングに浅く食い込みながら進む事で回転運動を与えられ、ジャイロ効果により滑腔銃身よりはるかに高い直進性・低伸性を得るため、精密な射撃(狙撃)が可能となる。

ライフリング自体は15世紀中頃に開発されていたものの、いくつかの技術的問題からほとんど普及していなかった。実用的なライフル銃(施条銃)は1740年代にイギリス人科学者ベンジャミン・ロビンス(英語版)によって理論的に発明され、その後のアメリカ独立戦争(1775年 - 1783年)、ナポレオン戦争(1803年 – 1815年)を通じて実際に運用された。19世紀に入ると、イギリスで前装式ライフル銃としてベイカー銃やブランズウィック銃が開発されている。


https://ja.wikipedia.org/wiki/小銃


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シャルルヴィル・マスケット(仏語:Fusil Charleville、英語:Charleville muskets)は、18世紀に使用されたフランスの.69口径マスケット銃。

https://ja.wikipedia.org/wiki/シャルルヴィル・マスケット


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ベイカー銃(英:Baker rifle、制式にはPattern 1800 Infantry Rifle)はイギリス陸軍のライフル連隊がナポレオン戦争で使用したフリントロック式の前装ライフル銃。イギリス軍が最初に標準装備として採用したイギリス製ライフル銃である。

ベイカー銃は1800年からホワイトチャペルの高名なガンスミスであるエゼキエル・ベイカー(Ezekiel Baker)によって製造された。1830年代になるまで使用が続けられた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ベイカー銃

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



ジャイロ効果(ジャイロこうか)とは、一般には物体が自転運動をすると(自転が高速なほど)姿勢を乱されにくくなる現象を指す。


概要[編集]
学術的には、フライホイールのような自転回転する物体(この効果に関連する場合「ジャイロ」と呼ばれる)について次の性質を指す。

外部からモーメントが加わっていないかぎり自転軸の方向を保つ性質
自転の角運動量が大きいほど姿勢を変えにくい性質
外部から自転軸を回すようにモーメントが加えられるとき、加えられているモーメントの軸及び自転軸と直交する軸について振れ回り運動をする性質
自転車やオートバイなどの二輪車では走行時の安定に寄与し、ジャンプを行う際の空中での姿勢変化にも現れる。 ヘリコプターのローターや円盤のこぎり、草刈り機などでもこの効果が顕著に現れる。転がるコインやヨーヨー、独楽などの挙動にも影響が見られる。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ジャイロ効果


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

コルトが破産法申請へ 銃器メーカーの老舗に何が?

http://www.huffingtonpost.jp/2015/06/15/colt--bankruptcy_n_7582684.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

武器の話題はよくないとは思うが
ナポレオン戦争におけるライフルの役割とかが気になったりするけれど
物理学のジャイロ効果の勉強をしていたほうが平和だと思う。

それから銃器メーカーも破産するのかと。
by かざみどり (2017-03-17 15:53) 

かざみどり

ミニエー銃(ミニエーじゅう、Minié rifle)とは、前装式ライフル歩兵銃の一種である。1849年にフランス陸軍のクロード・エティエンヌ・ミニエー(Claude-Etienne Minié)大尉によって開発された。
本来滑腔砲であるマスケット銃にライフリングを刻みこんだもので、“Rifled Musket”とも呼ばれる。従来使用されていたゲベール銃(マスケット銃の一種)の銃身に改修を施す方法で製造された。ミニエー弾と呼ばれる独特の弾薬を使用した。
弾丸が充分な回転を持ち弾丸周囲からのガス漏れが防止されたため、飛距離と命中精度が飛躍的に向上した。また装弾が容易となり連射能力も向上した。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ミニエー銃

~~~~~~~~~~~~~~~


『金枝篇』(きんしへん、英: The Golden Bough)はイギリスの社会人類学者ジェームズ・フレイザーによって著された未開社会の神話・呪術・信仰に関する集成的研究書である。金枝とはヤドリギのことで、この書を書いた発端が、イタリアのネーミにおける宿り木信仰、「祭司殺し」の謎に発していることから採られた。 完成までに40年以上かかり、フレイザーの半生を費やした全13巻から成る大著である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/金枝篇


~~~~~~~~~~~~~~~~~


公認会計士の子供の兄弟は精神異常であると思われる。
by かざみどり (2017-03-18 15:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: