So-net無料ブログ作成
検索選択

お菓子ナンバーワンはどれだ? 「亀田製菓」60周年でお菓子総選挙 産経 [ネムネコの呟き]





nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

かざみどり

経済[編集]

ブダペストは中央ヨーロッパの金融の中心でもあり[49]、マスターカードによるエマージング・マーケット(新興国市場)指標によると65都市中3位にランクされている他[50]、エコノミスト・インテリジェンス・ユニットによるクオリティ・オブ・ライフの指標では中・東ヨーロッパでは最も住むのに適した都市とされている [51]。フォーブスによればヨーロッパでは7番目に住むのにはのどかな場所とされ[52]、UCityGuidesによれば世界で9番目に美しい街とされている[53]。中・東ヨーロッパでは革新的な100都市の指標で最高のランクをブダペストは付けている[54][55]。



ブダペストには 欧州連合の機関である欧州工科大学院 (EIT) が本拠地を置いている。ブダペストは工業化により世界都市となった。1910年には人口の45.2%が工場労働者であった。1960年代にはハンガリーはヨーロッパでも最大規模の工業都市の一つで60万人の工場労働者がいた。1920年代から1970年代にかけてハンガリーの工業出荷額の半数以上をブダペストが占め、金属加工のFÉGや織物産業、自動車産業のIkarus Busなどは構造変化前のブダペストの産業の主要な部門を占めた[56]。現在、ブダペストではすべての産業の分野が見られる。ブダペストの現在の主要な部門は通信技術、コンピュータアプリケーション、電機、白熱灯などの照明器具である。製薬業もブダペストにおいては重要で Egis、Gedeon Richter Ltd.、Chinoinなどハンガリーの企業は知られている。テバファーマスーティカル・インダストリーズもブダペストに部門を置いている。

工業は比較的郊外に立地しており、中心部はハンガリーテレコムやゼネラル・エレクトリック、ボーダフォン、Telenor、オーストリアのエルステ銀行、ハンガリーのCIB銀行、 K&H、ユニクレジット、ブダペスト銀行、INGグループ、アエゴン保険、アリアンツ、ボルボ等々、国内外の様々な大手企業が立地している。ブダペストはサービス、金融、コンサルティング、金融取引、商業、不動産など第三次産業の中心地である。取引やロジスティクスは良く発達し、観光や飲食業界も進んでおり市内には数千のレストランやバー、カフェ、パーティー施設が立地する。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ブダペスト



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

マスターカード(英語: MasterCard Worldwide)は、クレジットカードの国際ブランド、またこれを運営するアメリカ合衆国の企業である。



概要[編集]
マスターカードと同様のクレジットカードの国際ブランドであるVISAに比較して、ヨーロッパで強いと言われる。「Maestro PayPass」という非接触型決済方式のPOSオンラインデビットカードが、ヨーロッパおよび北アメリカ大陸で拡大している。
キャッチフレーズとして「Priceless」を掲げており、全世界でこのフレーズを前面に出している。

https://ja.wikipedia.org/wiki/マスターカード


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ボルボ(Volvo)はスウェーデンを本拠とする企業グループである。ボルボ・トラックス、ルノートラック、マック・トラックス、UDトラックス、ボルボ・バス、ボルボ建設機械、ボルボ・ペンタ、ボルボ・エアロ、ボルボ金融サービスの9部門を擁し、トラックから軍用ジェットエンジンまでを網羅するコングロマリットである。

創業事業の自動車製造では、乗用車部門を分離売却し、他国の商用車メーカーの買収により、トラックやバスといった商用車に特化した世界戦略をおこなっている。また、建設機械、船舶、の各事業部と併せ、大型ディーゼル機関を中心としたグループ展開をおこなっている。

地元の名門チャルマース工科大学と共同研究をしており、若い学生たちによる革新的かつ独創的なアイデアをよくとりいれているのが大きな特徴である。

日本国内では、日産ディーゼル工業(現・UDトラックス)を買収し完全子会社とした。また、100%出資子会社の日本ボルボ株式会社が、ボルボ・トラックス、ボルボ建設機械、ボルボ・ペンタ、各事業部の展開を行っていたが2010年1月をもって日産ディーゼル工業と合併した。


https://ja.wikipedia.org/wiki/ボルボ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


『ハンガリー舞曲集』(ハンガリーぶきょくしゅう、ドイツ語: Ungarische Tänze)WoO.1 は、ヨハネス・ブラームスがハンガリーのジプシー(ロマ)音楽に基づいて編曲した舞曲集。もとは四手用のピアノ曲として書かれた。全部で21曲あり、それぞれの長さは1分程度のものから4分程度のものまでとまちまちである。中でも、管弦楽用に他者によって再編曲された第5番がとりわけ有名である(曲自体はケーレル・ベーラ(英語版)のチャールダーシュ "Bártfai emlék" による)。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ハンガリー舞曲

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



経済というかPaypalがいろいろとあるようなので
結局クレジットカードとかを調べる必要があるのだろうかとか
思ったりはするが、これもまた複雑な世界です。
ブダペストの項目を読んでいたら偶々カード会社が登場したので
話題にしてみました。

自動車の勉強もする必要はないのだけれど。

音楽はハンガリー舞曲
by かざみどり (2017-03-27 16:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: