So-net無料ブログ作成
検索選択

小池知事、「都民ファーストの会」代表を辞任へ 朝日 [ネムネコの呟き]


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

かざみどり

『プリンキピア・マテマティカ』(Principia Mathematica:数学原理)は、アルフレッド・ノース・ホワイトヘッドとバートランド・ラッセルによって書かれ、1910年から1913年に出版された、数学の基礎に関する全3巻からなる著作である。それは、記号論理学において、明示された公理の一組と推論規則から数学的真理すべてを得る試みである。『プリンキピア』のための主なインスピレーションと動機の1つは論理学に関するフレーゲの初期の仕事で、それがパラドックスをもたらすことをラッセルが発見したのである。


プリンキピアは、数学論理と哲学においてアリストテレスの『オルガノン』以来もっとも重要で独創的な仕事の一つと、広く専門家に考えられている。

モダン・ライブラリーは、この本を20世紀のノンフィクション書籍上位100のリスト(Modern Library 100 Best Nonfiction)の23位に位置づけた[1]。

https://ja.wikipedia.org/wiki/プリンキピア・マテマティカ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



数理論理学とか
超苦手な私にとっては無理なので
ねむりねこさんのところで話題にします。

哲学史上重要なのだとは思いますが。

哲学なんか所詮人生論でしょ
なんていうのとは一線を画しているというか
厳密にしたい人向けだと思う。
by かざみどり (2017-07-03 18:00) 

nemurineko

こんばんは。

哲学を人生論だとは思いませんが、日本には「人生哲学」という不思議なものがあるのは事実ですね。

〜〜〜〜〜〜〜
人生哲学とは、「生きていくための拠り所とする考え方、方針」である。なぜこのような方針が必要かというと、日常生活で暮らしているうちに、自分を見失ってしまうことが多いからである。
https://goo.gl/cQ8MM8
〜〜〜〜〜〜〜

人生哲学は人生訓や処世術とほとんど同義で使われているように思います。
だからでしょうか、「哲学」=「人生論」と解釈しているヒトが多いように思います。

対して、辞書などによりますと、
〜〜〜〜〜〜〜
世界・人生などの根本原理を追求する学問。古代ギリシャでは学問一般として自然を含む多くの対象を包括していたが、のち諸学が分化・独立することによって、その対象領域が限定されていった。しかし、知識の体系としての諸学の根底をなすという性格は常に失われない。認識論・論理学・存在論・倫理学・美学などの領域を含む。
https://goo.gl/8yFmfS
〜〜〜〜〜〜〜

論理学は、そもそも哲学の一分野で、現在も哲学の主要な研究分野であるのも事実。
英米の分析哲学はほとんど論理学ですし、そして、これが最先端の哲学の一つですよ(笑い)。

分析哲学
https://goo.gl/NBjDYt

カントやヘーゲルなどの大陸型の哲学と、ロックなどの経験論を出発点とする英米型の哲学は違います。
哲学の主要な潮流の一つとしてこうした流れは無視できないんじゃ〜ないですかね。


by nemurineko (2017-07-03 22:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0