So-net無料ブログ作成
検索選択

トヨタ、今夏米国投入のカムリにリナックスベースのOS初搭載 ロイター [ネムネコの呟き]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

米国がゾンビに襲来された場合は、都市部の住民よりもロッキー山脈に住んでいる人のほうが生き残れるチャンスが大きい AFPBB [ネムネコの呟き]


ゾンビの曲を2曲ほど♪



セイラ4 1章の続き13 [セイラ4]

 お見舞い

 

「何処に行くのよ。港とは、方向が逆だよ。」

 ホトトギスは、セイラが向かおうとしている先を知っていながら、敢えてセイラにそう尋ねた。

「旅に出たなら、暫くカイ君に逢えなくなるでしょう。お見舞いがてらに、挨拶もしようと思って。それに、船の出るのは夕方でしょう。それまでの間の時間潰しにちょうどいいでしょう。」

 事ある毎に、カイ君、カイ君である。セイラの恋人を自称するホトトギスにとって、愉快なはずがなかった。頬をぷくりと膨らませて、彼女の肩の上でセイラの横顔を見ながら、こう言った。

「いつも、カイ、カイと、ちょっとひどいいんじゃないの。セイラのことをいつも真剣に考えているのは、僕なんだから。それにだよ、年頃の女性、しかも、女性神官が肉親でもない男の部屋に入っていいわけ。そんな端ないことをして恥ずかしい、と思わないの。」

 目に入れて痛くない、かわいい弟分のカイをあしざまに言われて、セイラは即座に反論した。

「私のカイ君に何てひどいことを言うのよ。言い掛かりをつけるのも、いい加減になさい。それによ、男の癖に嫉妬するなんて、それこそ恥ずかしいことじゃないのよ。もっと男らしく振る舞ったら、どうなのよ。」

 ホトトギスは、ぐっと嘴を噛み締めた。その時、鼻腔を擽る香ばしい匂いを微かに嗅ぎ付けた。食欲魔神と形容すべきホトトギスがこれを見逃すはずなかった。人間に比して遥かに嗅覚に敏感な彼は、くんくんとその匂いの発生源を探り始めた。

「あんた、一体、何をやっているのよ。また、何か悪いことを企んでいるのでしょう。」

 俄かに大人しくなったホトトギスを訝り、セイラがそう尋ねてきた。ホトトギスは、くんくんと匂いだけはなおも嗅ぎながら、セイラにその理由を告げた。

「この匂いは、焼きソーセージだね。しかも、随分といい豚肉を使っている。これを見逃す手はないよ、セイラ。カイのお見舞いの品にもなるし、寄っていこうよ。」

「そんなこと言って、どうせあんたが食べたいだけでしょう。いくら騒いでも無駄よ。お見舞いの品はもう決まっているんだから。それに、焼きソーセージをお見舞いの品に持って行くなんて話、聞いたことがないわ。」

「そんなことないよ。それに第一、セイラは果物やお花を持っていくつもりなんでしょう。それと同じものをみんなが持っていっているんだよ。そんな物を今さら貰っても、カイはきっと喜ばないと思うな。僕ならば、違ったものを食べたい、と考えるよ。だから、カイもきっとそう思っているんじゃないかな。」

 ホトトギスの言うことはもっともであった。確かに、大勢の人から果物や花さらにお菓子を見舞いの品として受け取り、それを彼の寝台の横に山のように積み上げられていた。お見舞いの品でだから、同じ物があるからと言って、それをを返すことも受け取りを拒否することも出来ないし、かといって、捨てるわけにも行かない。そして、その処分に困っているというのが実状であった。セイラは、そのことを思い出した。しかし、ホトトギスにそのことを指摘されたのが我慢できない様子で、「カイ君でもないあんたが、どうして、カイ君の気持ちを分かるのよ」と管を巻き始めた。

 セイラの凄い剣幕に怯むことなく、ホトトギスは平然と答えた。

「何だかんだ言っても、僕とカイは仲間じゃない。それで、実は、昨日の晩、カイのところにお見舞いに行ったんだ。もちろん、僕はお見舞いの品を持っていったよ。その時、お見舞いの品の話になったんだ。カイは、こう零してたよ。お見舞いの品を持ってきてくれるのはあり難いんだけど、同じ物ばかりで、処分に困るって。僕の持っていってお見舞いは焼きソーセージだったから、病人食に厭きているカイは、何度も『美味しい、美味し』と言って貪るように食べたんだ。そして、カイは『見舞いの品は焼きソーセージに限る』とも言っていた。それどころか、『今度来る時にも、焼きソーセージを持って来い』って脅迫紛いに命令する始末だった。だから、焼きソーセージを持っていかないと、きっと僕はカイに焼き鳥にされてしまうよ」

 ホトトギスが何しにカイの下を訪れたのか、その理由は分からなかったが、彼女のお気に入りであるカイがそのようなことを口にすることがないことだけは確かであった。セイラは、胡散臭そうにホトトギスを横目で睨みながら、「カイ君がそんなことを言うわけないでしょう。でも、まあ、いいわ。あんたの言うことにも一理あるから、焼きソーセージを持って行きましょう」と答えた。そして、ホトトギスの指示に従い、焼きソーセージを売っている露店に向かった。

 露店に近づくに従い、次第に香ばしい匂いが強くなり、人間のセイラにも嗅ぎ取れるようになってきた。それと同時に、露店の主の賑やかな声が聞こえてきた。

 有名な店であるのだろうか、それとも、店の主の賑やかな声に引き寄せられたのか、露店には人だかりが出来ていた。セイラは、その最後尾につき、ホトトギスにそっと尋ねた。

「凄い人だかりね。これだと買うのに随分と時間がかかりそうよ。どうする、他の店に行こうか。」

「人が集まるというのは、美味しいという証。ここで買わないで、何処で買うのよ。それはそうとして、折角、人がこれだけ集まっているというのだから、それを見逃す手はない、と思わない。」

 セイラは嫌な予感を憶えた。

「旅には何かとお金が必要だし、お金は、ありすぎても困るものでもない。このビジネスチャンスを活かして、お金を稼がないと」

 そう言い終えると、ホトトギスは、セイラに制止される前に、ひょいと地面に舞い下りた。そして、鶯が縫うという梅の笠を頭に着け、今様を謡いながら、舞を始めた。

 

 鶯の 渡る声にも 涙落つ 春を惜しめど いかがせん

 かたみも今は あだなるに 人もや見ゆと ぬばたまの

 夜の衣を 返しては いとど恋しさ 募りゆく

 春のものとて ながむれば 昔の月も かくなりや

 昔の人の 香をかげば 橘思ふ ホトトギス

 姿見せねば 人知れず 夜鳴きの声こそ むなしけれ

 えやは息吹の さしも草 さしも知らずな あつき思ひを


イラク、1日で3件の自爆攻撃 死者計42人 AFPBB [ネムネコの呟き]


微分法を用いた相加平均≧相乗平均の証明 [ネコ騙し数学]

微分法を用いた相加平均≧相乗平均の証明

 

問題 次の問に答えよ。

(1) であることを証明せよ。

(2) ならばであることを証明せよ。

(3) ならば

  

であり、等号が成立するのはのときに限ることを示せ。

[解]

(1) とおくと、

  

x<0f'(x)<0x>0f'(x)>0だから、f(x)x=0で極小(最小)である。

したがって、

  

 

(2) とおくと、

  

そして、(1)より

  

よって、

  

等号成立が成立するのは、のとき、すなわち、

 

(3)

  

とおくと、

  

よって、(2)より

  

等号が成立するのは、、すなわち、のときである。

(証明終了)

 

y=e^x_tangent-graph-001.pngf(x)級のとき、 Taylorの定理から

  

となるcxaの間にある。

したがって、f''≧0のとき、つまり、凸関数のとき、

  

である。

  

とおくと、これは点(a,f(a))における接線だから、f(x)のグラフは接線の上側にあることになる。

は凸関数で、問題の(1)の不等式の右辺はx=0における曲線の接線だから、直接的にではないけれど、相加平均≧相乗平均の証明で凸関数の性質を使っていると言えるのかもしれない。

 


バグダッドでまた車爆弾テロ、12人死亡 高齢者が標的に CNN [ネムネコの呟き]


「日本ではメディアに政府から圧力」国連特別報告者勧告 NHK [ネムネコの呟き]


アンドロイド標的の身代金ウイルスが急増 1~3月に前年同期5.6倍の約12万3100種類 産経 [ネムネコの呟き]


JASRAC提訴を決定 音楽教室巡りヤマハなど 日経 [ネムネコの呟き]