So-net無料ブログ作成

今日のアニソン・アーカイブ 「ひぐらしのなく頃に」から『You -ありがとう-』 [今日のアニソン・アーカイブ]

今日のアニソン・アーカイブは「ひぐらしのなく頃に」から『You -ありがとう-』です。


唯我独尊のネムネコは、口が裂けても、このブログの訪問者に「ありがとう」という言葉は口にしないケロよ。
これ↓こそ、ネムネコのあるべき姿だと確信しているにゃ(^^)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

セイラ4 3章の続き3 [セイラ4]

 一方、嫌な胸騒ぎを覚え、セイラは、ホトトギスが出て行ってからから幾らも時間が経たないうちに、目を覚ました。いつもなら、幸せそうに彼女の胸の間に顔を埋め眠っているホトトギスの姿がなかった。何処に行ったのだろう。セイラは、慌てて胸に手を当てた。ホトトギスが眠っていたその辺りに微かな温もりが残っていた。出ていってからそれほど時間が経ていない。総判断したセイラは、夜着のまま、慌てて寝台から出た。そして、休んでいるカイに近付くと、「カイ君起きて」と大きな声を上げ、何度もカイの体を揺さぶった。

 それから暫くして、ようやくカイが目を覚ました。「姉ちゃん、何かあったのか。」寝惚けた様子でそう呟き、カイは眠そうに何度も目を擦りながら面度臭そうに体を置き上がらせた。

「ホトトギスがいないのよ。」

 カイは、セイラの眠っていた寝台に目を遣った。そして、彼の姿を室内に求めた。

「クロウリーさんもいないようだけど。どうしたんだろう。」

 カイは、呟くようにそう言うと、「あいつと一緒に出掛けたのかな。だとしたら、何処に行ったんだろう」と、ホトトギスが行きそうなところについて考え始めた。

「そう言えば、クロウリーさんもいないわね。」

 そう言うと、カイの顔を見詰めながら、セイラもまた考え始めた。

 窓から曙光が差し込んできた。それに促されたように、カイが「ちょっと出掛けているね。でも、すぐに戻ってくるから、心配しないでいいよ」と言い残し、その部屋を出ていった。言葉の通り、すぐに戻ってきた。カイのその姿を見て、セイラが「カイ君、何処に行っていたの」と尋ねてきた。

「もしかしたらと思って、馬の所に行って見たんだ。そうしたら、案の定、馬の姿はなかったよ。きっと、クロウリーさんと干物の商売に行ったんじゃないかな。クロウリーさん、昨日、酔った勢いで、あいつの商売のこと随分持ち上げてしていたから、無理やりあいつに付き合わされたんじゃないかな。」

 カイは、歩きながらそう答えると、彼の姿をじっと見詰めているセイラにこう話しかけた。

「姉ちゃん、そんなにじっと見ないでよ。姉ちゃんが見ていたら、着替えが出来ないでしょう。」

「ごめんなさい。」

 セイラは、苦笑いを浮かべながら、そう言い、彼に背を向け、自分の寝台に向かった。私も着替えをしようかな。彼女はそう思い、彼女の背後で着替えをしているカイにこう言った。

「私も着替えをするから、カイ君、こっち見ちゃ駄目よ。私がいいと言うまで、振り向いたら駄目だからね。」

 カイが覗き見をするとは思わなかったが、一応、そう断ってから、セイラも着替えを始めた。

 着替えを済ますと、二人は仲良く連れ立って洗面台に向かい、まるで姉弟のように仲良く洗面をした。それを終えると、朝食の準備に取り掛かってきた。

 まるで時間を計ったように、朝食の準備が終わった頃、ホトトギスとクロウリーが戻ってきた。セイラが何か小言を言うことを予想し、その前に、ホトトギスが部屋に入るのと同時にセイラに話を切り出した。

「クロウリーに案内を請い、情報収集に出掛けたんだけど、なかなかの収穫だったよ。きっと、僕の日頃の行いがいいからだろうね。」

 セイラは、彼に背を向けたまま、朝食の料理をテーブルの上に並べながら、ホトトギスにこうこたえた。

「商売が旨く言ったの間違いじゃないの。それに、日頃の行いがいいからじゃなくて、狡猾非道だからの間違いじゃないの。」

 手厳しい出迎えの言葉であった。ホトトギスは、セイラの機嫌がすこぶる悪いことを知り、何とか彼女の機嫌を直そうと、話を続けた。

「もう、セイラはお茶目なんだから。そんなこと、思ってもいないくせに。」

「思っているわよ。」

 依然として、背を向けたまま、セイラは朝食の準備を忙しくしていた。それに痺れを切らしたホトトギスが再び話しかけた。

「干物の商売の話をしたのは敵を油断させるため。それで、クロウリーに干物商人の振りをさせ、怪しまれないように情報収集をしたんだ。この街には敵のスパイがいるかもしれないし、僕達の存在を知られちゃまずいからね。あくまで商売は偽装で、諜報が目的だったんだ。そうだろう、クロウリー。」

 突然、同意を求められ、クロウリーは驚いた様子を見せた。しかし、狡猾であるが意外と単純なホトトギス以上に一癖も二癖もあるクロウリーは、すぐさま表情を取り繕うと、何食わぬ顔をして、こう答えた。

「そうだったんですか。いやあ、さすがですね、味方の私もすっかり騙されてしまいましたよ。何しろ、この方は、商売の話ばかりを熱心にし、そのような素振りを一瞬も見せませんでしたから。しかし、何時、情報収集をしたのでしょうか。少なくとも、私の見ている所では、そのような素振りを微塵も見せませんでしたから。」

 表面的にはホトトギスの行動を肯定しているように聞こえるが、彼が商売にのみ専心し、諜報活動を全く行っていないことを暗に仄めかしていた。ホトトギスは、クロウリーの奴め、憶えていやがれ、と臍を噛みながら、馬鹿でないが鈍いセイラがそのことに気付かないようにと祈り始めた。

「そうなの、疑ってごめんなさい。」

 セイラが満面の笑みを浮かべて、彼の方に振り返ってくれた。ホトトギスは、良かったと安堵し、その笑顔に誘われるように彼女の方に飛んでいった。もう少しで彼女の右肩に届くと言う所で、飛行中の彼は、セイラに床に叩き落とされてしまった。

「あんたの話を信じるわけがないでしょう。嘘を吐いた罰として、朝ご飯抜きだからね。そこで正座して、みんながご飯を食べるところを見ていなさい。」

 


佐渡汽船 赤字続きの「赤泊-寺泊」航路 撤退を軸に協議へ 産経 [ネムネコの呟き]


お客がいないのに、こんな新造船を作ったりしていたら、そりゃ〜赤字になるにゃ。


佐渡汽船は、お金がないのに、新コンセプトの船を次々と購入し、両津・新潟、小木・直江津航路に就航させるにゃ。

ボーイング929
日本国内の定期航路に本格的に投入されたのは佐渡汽船の新潟港 - 両津港間航路で、1977年のこと。当時国内ではメンテナンスが困難だったことから、佐渡汽船の整備担当者はボーイングで長期研修を受けてメンテナンスのノウハウを学んだ。その後川崎重工がジェットフォイルのライセンスを得た際には佐渡汽船からもノウハウの提供を受けている。また運航開始当初、新潟港が河口部にあるという構造上、水と共にごみなどの異物・浮遊物を吸入して運航不能となるトラブルが頻発したことから、ボーイングは急遽社内に対策チームを設け、吸入口に特殊な構造のグリルを設置する対策を講じた。これが奏功して異物吸入のトラブルは減少し、その後製造されたジェットフォイルの設計にも反映された。
https://goo.gl/k7RFE6

佐渡汽船は、○○初が好きなんだケロ。


お船を新しくするのが好きなんだケロ。
「文明人である佐渡人は、本州の野蛮人に負けてはならない」
という、誇り高い佐渡人の業のなすところか。



人間だけではなく、タヌキですら、佐渡に住むものは違うにゃ。


鳥頭でないカラスの「未来計画」能力、研究 AFPBB [ネムネコの呟き]


幻想郷でカラスといえば・・・


さらに、鳥頭の「みすちー」のこの曲を♪


そして、



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

マダニの季節、野外に注意 日本紅斑熱の患者、昨年最多 朝日 [ネムネコの呟き]




宮古海峡飛行で中国国防省 「慣れれば済む話」 今後も飛行続行と強調 産経 [ネムネコの呟き]


第17回 陰関数定理 [ネコ騙し数学]

第17回 陰関数定理

 

定義 (陰関数)

xyに関する関係式f(x,y)=0に対して、関数y=φ(x)

  

を満たすとき、y=φ(x)f(x,y)=0によって定まる陰関数という。

 

例えば、f(x,y)=x²–y²–1= 0 とする。このとき、

  

とすれば、

  

となるので、は関係式f(x,y)=x²–y²–1= 0 で定まる陰関数である。



定理18 (陰関数定理)

(x₀,y₀)を含む領域でf(x,y)級とする。

ならば、点(x₀,y₀)を含む近傍でf(x,y)=0の定める級の陰関数y=φ(x)がただ1つ定まり、次の関係が成り立つ。

  tahen-dai17-siki-002.png

inkansu-graph-001.png【証明】

とする。

関数f(x,y)級だから点(x₀,y₀)のある近傍でである。

x=x₀で固定すると、だからf(x₀,y)yに関して単調増加。

A(x₀,y₁)を近傍内の点とすると、y₁<y₀f(x₀,y₁)<0B(x₀,y₂)y₀<y₂f(x₂,y₂)>0である。

x₁≦x≦x₂において

  

f(x,y)は連続で単調増加だから、中間値の定理よりy₁<y<y₂となるyがただ1つ存在する。そのyの値はxの関数で、それをy=φ(x)とすればよい。

 

次に、y=φ(x)が連続であることを示す。α∈[x₁,x₂]β=φ(α)とし、任意のε>0に対して

  

とすると、

  

y₁≦y≦y₂のとき、だから

  tahen-dai17-siki-003.png

x=αで連続であるから、あるδ>0があって、

  

また、だから

  

よって、

  tahen-dai17-siki-004.png

となり、y=φ(x)x=αで連続である。

 

f(x,y)級だから平均値の定理より

  

となるθが存在する。

また、f(x+Δx,y+Δy)=f(x,y)=0だから、Δx≠0のとき

  tahen-dai17-siki-006.png

は連続だから、Δx→0のとき、

  tahen-dai17-siki-007.png

(証明終)

 

3変数関数についても陰関数定理が成り立つ。

 

定理19

関数f(x,y,z)が点(a,b,c)の近傍で級ならば、点(a,b)を含む開集合D上で級の関数z=φ(x,y)

  tahen-dai17-siki-011.png

を満たすものがただ1つ存在し、

  tahen-dai17-siki-008.png

である。

 

 

問 次の問に答えよ。

(1) 点(1/√2,−1/√2)の近傍で、関係式x²+y²=1で定まる陰関数yを求めよ。

(2) 点(1,0)の近傍で、関係式x²+y²=1で定まる陰関数を求めよ。

【解】

(1) f(x,y)=x²+y²–1=0とおくと

よって、

  

となり、陰関数定理より、点(1/√2,−1/√2)の近傍で 関係式x²+y²=1で定まる陰関数y=φ(x)が存在する。

  

とすると、

  tahen-dai17-siki-009.png

となり不適。

とすると、

  tahen-dai17-siki-010.png

よって、

 

(2) 点(1,0)における偏微分係数は

  

だから、陰関数定理により点(1,0)の近傍で 関係式x²+y²=1で定まる陰関数x=φ(y)が存在する。

x²+y²=1xについて解くと

  inkansu-teiri-siki.png

(x,y)=(1,0)を満たすのはだから、これが点(1,0)の近傍で関係式x²+y²=1で定まる陰関数である。

(解答終)

 


関東の高3が志願したい大学、早大9年ぶり首位 男子は明治大がトップ 産経 [ネムネコの呟き]


関東地区で、東大、東工大、一橋が入っていないね(^^)
関西地区で、神戸、大阪市大、大阪大の順は意外。

仏大統領「アサド氏退陣を前提とせず」外交方針を転換 NHK [ネムネコの呟き]


安倍晋三首相「残業代ゼロ法案」修正を表明 神津里季生連合会長と会談、容認へ 産経 [ネムネコの呟き]


いじめ相談、SNSで対応 文科省が仕組み検討 朝日 [ネムネコの呟き]