So-net無料ブログ作成
検索選択
今日のクラシック ブログトップ
前の10件 | -

今日のクラシック、ボフスラフ・マルティヌー作曲『交響曲第4番』 [今日のクラシック]

今日のクラシックは、前回に引き続きチェコ出身の作曲家・ボフスラフ・マルティヌー作曲の『交響曲第4番』です。


この曲は、マルティヌーの交響曲の中では最も演奏機会の多い曲で、おそらく、最も一般の人気の高い交響曲なのだろう。
しかし、ネムネコは、この交響曲の第1楽章の冒頭部を聞いたとき、頭が混乱するだけではなく、吐き気すら覚えてしまった。この原因はわからない。おそらくこの響き、和声が体質的、生理的にあわないのだろう。だから、生理的に受け付けないとしか表現のしようがない。繰り返し、辛抱強くこの曲を何度も聞き続ければ違った来るのかもしれないが、今のところ、ネムネコ殺しの曲であることだけは疑いようがない。

例によって、ネムネコ秘密の情報源からこの曲の解説を引用する。

第1楽章は、第1番に通ずるところがある明るさを持った曲ですが、ところどころに現代的な性格の響きが挿入されます。第2楽章のスケルツォは第1番のように軽快ではなく、非常に現代的でドラマティックなものになっていますが、中間部は独特な発想で書かれています。この部分で木管楽器が演奏する素朴なメロディーは、マルティヌー自身のお気に入りだったようです。第3楽章の緩徐楽章は、第1番や第3番の緩徐楽章同様重厚な盛り上がりも見せる曲ですが、弦楽器の独奏などを交えた個性的な音響世界になっており、次第に明るい性格になっていく透徹された音楽世界を作り上げています。第4楽章は、『二重協奏曲』に聞くことができたような尖鋭で劇的な性格を以て始まります。非常に演奏効果が高く、アンサンブルも難しい曲だと思いますが、緊張が切れることなく続きながら、最後は楽天的な性格のフィナーレへと解放されていきます。全曲を通して、緻密でありながら、古典の枠にはまらない現代的発想で構成されており、深刻なドラマ性と楽天的な明るさの対比が特にバランスよく保たれた、非常に優れた作品です。

この解説にあるとおり、1楽章と4楽章は、古典的な造形性を持っていると思う。
この解説には「非常に演奏効果が高く」とあるが、私には表面的な演奏効果を狙ったように感じられた。この曲は「ネムネコ殺し」的な要素を含んでいるので、こう言った否定的な印象を受けたのかもしれない。その可能性は十分すぎるくらいあるように思う。

私が思うに、この曲は中間の2楽章、3楽章が優れているように思う。紹介した解説にあるとおり、2楽章のスケルツォの中間部、3楽章が非常に優れているようだ。弦楽中心の3楽章の緻密な作曲法は特筆に値するものがあると思う。

上の解説文中に出てくる2重協奏曲はこちら↓。



交響曲4番は「ネムネコ殺し」の曲だったのだけれど、この4番の後に作曲された第5番シンフォニーは、「ネムネコ好み」の曲で、何の抵抗感も感じることなく、楽しく全曲聞き通すことができた。



第5番はこれとはだいぶ違う発想で書かれています。当時、故郷プラハへ戻る計画がうまくいかなかったということで、そのいら立ちが表れているという解説もありますが、全曲を通じて非常に現代性が強くなり、構成も自由になっています。ベートーヴェンの第8交響曲とに類似も指摘されていますが、第7交響曲の終楽章のリズムも聞き取ることができ、リズムに特徴があります。非常に尖鋭かつ自由とも取れますが、演奏が良くないと、やや捉えどころのない落ち着きのない曲にも聞こえる危険があります。

この曲の解説文中に下線を施したように、おそらく、ネムネコ(の音楽的感性)は「非常に現代性が強い」ので、この曲になんの抵抗感も感じないのだろう。フィットするにゃ。
音楽的愉悦に満ちたいい曲だと思うので、コチラもぜひ聞いて欲しいと思う。


タグ:クラシック
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ワーグナーのオペラの校正刷り、1600万円で落札 仏パリ AFPBB [今日のクラシック]





タグ:クラシック
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今日のクラシック、ボフスラフ・マルティヌー作曲『交響曲第1番』 [今日のクラシック]

今日のクラシックは、チェコ出身のボフスラフ・マルティヌー(1890〜1959年)作曲『交響曲第1番』です。


聞く人に楽曲の進行を予想させないビックリ箱のような交響曲!!
今日、初めてこの作曲家の曲を聞いたのだけれど、この曲にはとにかく驚いたにゃ。

ネムネコの秘密の情報源によると、この曲を次のように解説してあった。

オーケストレーションが色彩的で、第3番よりは印象主義的な技法がやや多めに感じられますが、エネルギッシュでドラマティックな作品です。第1楽章はかなり自由な構成で、古典的な交響曲の第1楽章のイメージとは少し違います。スケルツォ楽章はかなり古典的で、ベートーヴェンのそれに近い形です。第3楽章は、第3番の第2楽章を思い起こさせる重厚なものです。マルティヌーは、テンポの速い曲ではリズムの力によって息をもつかせない勢いで緊張を保ちますが、テンポの遅い曲も非常に書くのがうまく、充実した歌謡性と息の長い盛り上がりで感動を呼びます。また、速い曲と遅い曲のコントラストだけでなく、深刻で悲劇的な表現と、タガが外れたような楽天的表現の強い対象も際立っています。第4楽章は、楽天的な楽想で始まり、そのあと次第に盲目的なパニック状態ともいえる展開を見せ、最後にまた楽天的で雄大な世界に戻っていきます。実に変化に富み、しかし構成がよく考え抜かれていて、どれも聞きごたえがあります。

ウィキペディアに

パリではルーセルに対位法を学び、フランス六人組やストラヴィンスキーなどの影響を強く受けた作品を作曲した。
https://goo.gl/EishAv

とあるように、1楽章はストラヴィンスキーの影響が強く現れているようで、ネムネコは、どことなくストラヴィンスキーの『ペトルーシカ』なんかを少し彷彿したにゃ。
そして、3楽章は、バーバーの『弦楽のためのアダージョ』なんかを少し連想した。
この交響曲第1番が作曲されたとき、マルティヌーはアメリカに亡命していたので、ひょっとしたらバーバーの『弦楽のためのアダージョ』を聞く機会があり、参考にしたかもしれないケロね。


重厚でかつ叙情的で美しい3楽章も魅力的だけれど、この作曲家は、秘密の情報網の解説にあるように、早いテンポとリズム感あふれる楽章にこの作曲家の個性と特徴がよく現れていると思う。
いい曲だと思うにゃ。この曲は傑作だと思うにゃ。

秘密の情報網には、この第1番と第3番が紹介されていたので、第3番も記事に埋め込むにゃ。


第3番は、第2次世界大戦で激しい戦闘が行われていたこともあり、曲全体が沈痛とした、悲劇的な雰囲気に包まれているようだにゃ。こういった時代性もあるのだろうけれど、第1番で感じられた、この作曲家の自由さ、奔放さが影を潜めているようで、「いい曲だ」とは思うけれど、少し不満を感じた。

この第3番を先に聞いただけに、第1番を聞いたときの驚きは大きかったにゃ。

日本での知名度は殆ど無いけれど、有名な作曲家、優れた曲は、まだまだたくさんあるようだ。そして、この記事が少しでもこうした作曲家と曲の普及に役立てば嬉しいと思う。


タグ:クラシック
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

モーツァルトの息子、天才の父親の影に苦悩した生涯 AFPBB [今日のクラシック]


モーツアルトには、音楽家になた息子がいたのか。知らなかった(^^ゞ
モーツアルトは死の直前、経済的にかなり逼迫していたというから、モーツアルト死後、奥さんは経済的に困窮していただろうと思っていたけれど、あの有名なサリエリを息子の教師につけているようだから、経済的には困窮していなかったのかもしれない。
経済的に困っていた原因は、旦那さんであるモーツアルトの散財らしいから・・・

モーツアルトの息子はどんな曲を作曲したのだろうと、すこし興味があったので、YouTubeで曲を探してみたら、ピアノ協奏曲の第2番があった。


曲の冒頭部を聞いた瞬間、思わず吹き出してしまった。だって、お父さん、お父さんの曲を強く意識し過ぎなんだもの。お父さんのような曲を作ろうとして頑張っているのは理解できるけれど、唐突感が強くて、不自然なんだもの。それでも、聴き進めるうちに、この曲、この作曲家に徐々に慣れてきて、聞けるようになってきたけれど・・・。

あのモーツアルトの息子ということを忘れて聞けば、おそらく、当時の平均的な作曲家の域には達していたのだろう、この曲。作曲の形式、様式とすれば、当時のそれと比べると、かなりオールドファッションで、数十年逆行した感じの曲ではあるようですが、部分部分に聞きどころはあると思うにゃ。
でも、やっぱり時代錯誤感が強いな。

ピアノ協奏曲第1番もYouTubeにあるようなので、これも記事に埋め込んでおこう。


第1番はもっとヒドイな。とてもじゃないけれど、これを全曲聞くにはなれないケロ!!


タグ:クラシック
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今日のクラシック、モーツアルト作曲『オーボエ協奏曲ハ長調』 [今日のクラシック]

今日のクラシックはモーツアルト作曲『オーボエ協奏曲ハ長調K.271』です。


この録音は、ウィーン・フィルのオーボエの音の特徴を知るために最適な曲だと思うにゃ。そして、このウィーン・フィルのオーボエの音の魅力の虜になると、もはや他のオーケストラのオーボエの音は物足りなくて聞こえて、絶対に満足できなくなってしまう(^^ゞ
それにしても、独奏のトゥレチェックのオーボエの音は何と甘美で心地よいことか。これだけで、この録音を聞く価値があると思うケロよ。

それはそれとして、モーツアルトは、このオーボエ協奏曲ハ長調を移調してフルート協奏曲第2番ニ長調にもしているんだにゃ(異説あり!!)。


モーツアルトは、時々、自分の曲を他の楽器用に編曲し、それを注文主に新曲と称して渡していたとかいう話だから、この曲もひょっとしたらそうだったのかもしれない(^^ゞ


モーツアルトの協奏曲の中では比較的知名度は低いけれど、モーツアルトはファゴット協奏曲も作曲しているにゃ。


クラリネット協奏曲、オーボエ、フルート協奏曲と比較すると、ファゴット協奏曲は少し劣るんじゃないかと言われているようですが、この曲も名曲であることは間違いなく、繰り返し聴いても飽きることはないと思うし、聞いて損がない一曲であることは間違いない。
ファゴット独奏は、最初のオーボエ協奏曲と同じく、ウィーン・フィルのかつての主席奏者であったディートーマ・ツェーマンだにゃ。

モーツアルトの協奏曲を聞くと、この作曲者の底知れない才能を思い知らされるね〜。どこまでも自由で、そして、転調の見事さが素晴らしいにゃ。モーツアルトの良さが最もよく出ているのは協奏曲であり、そして、オペラだと思う。交響曲はオマケみたいなものだと思うにゃ。モーツアルトの交響曲は、型にはまっているだけでなく、どこか堅苦しく、そして、モーツアルトが本来もつ自由さが発揮されていないから。

ウィーン・フィルは超名門だから当たり前といえば当たり前なのだけれど、今も昔も木管の奏者は本当に優秀だよね。

それにしても、カール・ベーム&この時代のウィーン・フィルのコンビの弦はなんてふくよかで美しいのだろう。
そして、この時代の弦の響きの美しさは、現代のウィーン・フィルからは聞き取ることが出来ない。
永遠に失われてしまい、こうした過去の録音物からしか聞くことができないのであった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「尾高賞」池辺晋一郎氏と一柳慧氏の作品に NHK [今日のクラシック]


池辺晋一郎はTVによく出るので顔はよく知っているけれど、彼の作曲したクラシックの曲を聞いたことはたぶんない。ということで、YouTubeからこんな曲を探してみたにゃ。


いかにも現代音楽らしい曲ですが、聞きやすい曲のようだにゃ。クラシックの現代曲としては、一般受けする曲なのではないか。
日本の雅楽を彷彿させるような響き、メロディーなどが数多く用いられているようだにゃ。そして、ネムネコは、この曲を聞いていて、伊福部のゴジラを思い出してしまったケロ(^^ゞ
音色の変化や音の強弱をつけて単調にならないように工夫しているのだろうけれど、意外に単調で変化に乏しいように感じられた。だって、どこを聞いても代わり映えしないんだもん。

一柳慧さんは、現代の日本音楽界を代表するクラシックの作曲家の一人。交響曲2曲はさすがに聞くのが辛いので、こちらはマリンバ協奏曲を記事に埋め込むにゃ。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今日のクラシック、バッハ作曲『平均律クラヴィーア曲集第1巻』 [今日のクラシック]

バッハ時代の調律法と現代の平均律との音の響きの違いを体感できる動画を紹介していただいたので、ねむねこ幻想郷の皆さんにもご紹介します。


演奏は、(バッハの調律を現代に再現した(・・?)バッハ・レーマン、現代使われている平均律、そして、(バッハの時代の調律法の一つ)ヴェルクマイスター調律の順です。

こうやって聴き比べると、あきらかに、音の響き、和声の透明感が、現代の平均律とは違うケロ。
バッハ・レーマンとヴェルクマイスターの方が音が美しいにゃ。
世の中で平均律が使われるようになってきて、バッハが「澄んだ和音が永遠に失われた」と嘆いたことがよく理解できるにゃ。

ちなみに、演奏されている曲は、平均律クラヴィーア曲集第1巻の第1曲。

それはさておき、平均律クラヴィーア曲集第一巻全曲の演奏を、みんなでこれを聞くケロ。



ヴェルクマイスターとは?



バッハ・レーマン
http://www.kiyond.com/bach.html



タグ:クラシック
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今日のクラシック ヘリンク・シェリングのバッハ作曲『シャコンヌ』 [今日のクラシック]

今日のクラシックは、へリンク・シェリンクのバッハ作曲『パルティータ第2番』から第5曲『シャコンヌ』です。


ヒトにすすめられてYouTubeのこの動画の演奏を聞いたのだけれど、演奏の素晴らしさに言葉を失ったにゃ。
ネムネコは、この演奏会場にいたら、間違いなく、演奏の素晴らしさに涙を流していたと思う。
いや〜、素晴らしい。ただ、この一言に尽きる。
ただ、演奏スタイルは前時代的というか、オールド・ファッションだから、ヒトによっては古臭い演奏と感じるかもしれない。
しかし、最近、CDなどの録音物を含めて、こうした全人格的な演奏を聞くことはなかなかできないから、その意味でも記録的なもので、忘れてはいけない演奏なのだと思うにゃ。

参考までに、シェリングと同様に、東欧のユダヤ系出身のバイオリニスト、アイザック・スターンの『シャコンヌ』。


こと、クラシック音楽に関しては、ほとんど役に立たないウィキペディアですが、ウィキペディアには次のような記述がある。

シェリングはたくさんの録音を残しており、バッハの無伴奏ヴァイオリンのための作品は、ミルシテインの演奏と並んで評価が高い。
https://goo.gl/AkzT2G

ということで、ミルシテインの『シャコンヌ』。


そして、前回紹介したヴィクトリア・ムローヴァの『シャコンヌ』。


ムローヴァの演奏は、最近、流行りのノンビブラートの古楽奏法によるもので、ピッチも現代のものと異なっている。また、使用しているヴァイオリン、弓も古楽器仕様のものだにゃ。

録音(の音質)はこちらの方が優れていると思うの、コチラも↓。


ムローヴァは、もともと、無機的な演奏をするヒト――精密機械、サイボーグと形容した方が適切かもしれない――だから、古楽奏法で演奏すると、さらにそれに拍車がかかり、ヒトを寄せ付けない(無機的な)ものになってしまっているような、いないような・・・(^^ゞ


タグ:クラシック
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

エリザベートコンクール、岡本侑也さん2位 チェロ部門 朝日 [今日のクラシック]


エリザベートコンクールで2位になった岡本侑也の演奏のビデオがYouTubeにアップされていましたので、紹介します。


1位になったヒトの演奏はコチラ↓


サワリだけを聞いただけなので、また、曲も違うので単純に比較はできないのですが、1位のラフェリアと2位の岡本侑也の間にはどうやら大きな才能の開きがあるようだにゃ。ラフェリアのチェロにはヒトを惹きつけるもの、求心力があるけれど、岡本のチェロにはそういったものが微塵も感じられない。
こう言っては失礼ですが、
「なにか弾いているようだにゃ。2位というからもっとスゴイ演奏をしているのかと思ったら、たいしたことないな。これなら聞かなくていい」
というのが、偽らざる、率直な感想。
――内緒ですが、岡本のチェロよりも、「どこのオケか知らないけれど、このオケ、結構、うまいな」とそちらの方に感心した(^^ゞ――
「クラシックだから本場のヨーロッパ人に限る。日本人演奏家は駄目だ」といった本場志向は持っていないのだけれど、そして、私はこれでも日本人演奏家には大甘なのだけれど、海外のコンクールで入賞した日本人演奏家であっても、その演奏は表現力不足で失望させられることが多い。このヒトもその例に漏れず、やはり、クラシックのプロの演奏家、表現者として何かが大切なものが欠如しているようだ。聞いていて、音が、演奏が何か薄っぺらい、物足りないんだケロ。そして、「あ〜、このヒトもやはりそうか」と思ってしまった。

対して、1位のラフェリアのチェロはいいね。ヒトの心を鷲掴みにして離さない魅力がある。冒頭の数音を聞いただけで、「コイツはスゴイ」と感じてしまった。そして、最後まで聞くつもりはなかったのだけれど、演奏に惹きつけられたまま1曲聞き通してしまったにゃ♪

ただし、曲が入れ替わっていたら、違った印象を持ったかもしれない。
ドボルザークのチェロ協奏曲は、これまでに飽きるほど聞いているうえに、世界的な大家による名演が頭の中、心の中に強く残っているので、それがどうしても演奏の善し悪しの判定の基準になってしまい、そのため、どうしても厳しい、辛口の評価につながってしまう恐れがあるので。


タグ:クラシック
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ヴィクトリア・ムローヴァのバッハ作曲『無伴奏バルティータ第3番』 [今日のクラシック]

先の紹介したレオニード・コーガンの最も有名で優れた弟子であるヴィクトリア・ムローヴァによるバッハ作曲『無伴奏パルティータ3番』の演奏です。


なんて美しいのだろう。この一言に尽きる。
そして、ヴィクトリア・ムローヴァは、私が最も好きな現代のヴァイオリニストであります。
参考までに、ご紹介しました。

タグ:クラシック
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - 今日のクラシック ブログトップ